RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回 ワールドカップ アルゼンチン大会 1978年

第11回 ワールドカップ アルゼンチン大会 1978年

アルゼンチンは国内情勢に多くの問題を抱えながら、ワールドカップ開催を断行した。

これに対し、ヨーロッパ諸国からは大会をボイコットするべきではとの声もあがった。
その関係からはは不明だが、前回大会の二大ヒーローであるベッケンバウアーとクライフはこの大会には不出場だった。
そのため、開幕前はスーパースター不在の大会と言われた。

若き新星ミシェル・プラティニ擁するフランスは、1次リーグで姿を消した。
前回王者の西ドイツも2次リーグで敗退。優勝候補本命のブラジルは、3位決定戦にまわった。
決勝はクライフを欠いたオランダと地元アルゼンチン。大量の紙ふぶきが舞う中
地元アルゼンチンが優勝を決めた。またエース・ケンペスは得点王に輝いた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://retrofun.blog24.fc2.com/tb.php/143-3ff207db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。