RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 ワールドカップ アメリカ大会 1994年

第15回 ワールドカップ アメリカ大会 1994年

サッカー不毛の地、アメリカでの大会。猛暑の中での試合、移動距離の長さや時差といった事が、
選手のコンディションに影響を及ぼした。
ブラジルvsイタリアの決勝戦での消耗度は激しく、延長戦でも決着がつかず、
PK戦にもつれ込んだ。しかし、イタリアはバッジョが枠を外し、ブラジルに優勝をさらわれた。

今大会、活躍が目立ったのは東欧勢。ハジ擁するルーマニアはアルゼンチンを破ってベスト8、
ストイチコフ擁するブルガリアは前回優勝のドイツを破ってベスト4に進出した。
期待のアフリカ勢は、カメルーンはグループリーグで敗退、ナイジェリアはベスト16で姿を消した。


大会期間中には凄惨な事件も起きた。コロンビアのDFエスコバルが痛恨のオウンゴールを献上し、
アメリカに敗れてしまうという波乱が起きた。結局コロンビアはグループリーグで敗退し、
帰国後、エスコバルは何者かによって射殺された。

また、アルゼンチンのマラドーナのドーピング疑惑が発覚し、大騒ぎになった。
2試合目の後、ドーピング検査を受けたマラドーナから、分析の結果、禁止薬物のエフェドリンが検出され、出場停止。
マラドーナを失ったアルゼンチンは決勝トーナメント1回戦でルーマニアに敗れた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://retrofun.blog24.fc2.com/tb.php/142-c585f054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。