RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 ワールドカップ 西ドイツ大会 1974年

第10回 ワールドカップ 西ドイツ大会 1974年

2人の天才が現れた、皇帝ベッケンバウアーと空飛ぶオランダ人クライフである。
ベッケンバウアーは21歳で66年のイングランド大会に出場し、70年のワールドカップでも
中心人物として活躍。一方のヨハン・クライフは今大会が初出場であった。
しかし、クライフはクラブチームで71年からチャンピオンズカップ3連覇という
偉業を成し遂げていた。

決勝はもちろん西ドイツvsオランダ。人々の関心は両雄のどちらがワールドカップの
タイトルを手にするのか、その一点に集まった。
そして、激闘の末軍配はベッケンバウアーにあがったのであった。

懐かしいものサイトRetroFun
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://retrofun.blog24.fc2.com/tb.php/133-fb76af43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。