RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 ワールドカップ ウルグアイ大会 1930年

第1回 ワールドカップ ウルグアイ大会 1930年

1930年7月13日、ウルグアイで第1回ワールドカップが開催された。

開催国が南米という事で、南北アメリカからはウルグアイ、アルゼンチン、
ブラジル、パラグアイ、ペルー、チリ、ボリビア、アメリカの出場が決まっていたが、
開幕2カ月前という時点になっても、ヨーロッパから参加を表明する国はひとつもなかった。
当時、ヨーロッパから南米に渡るには2週間余りの船旅を要した。
その為、ヨーロッパ各国は参加を渋ったが、最終的にフランス、ベルギー、
ユーゴスラビア、ルーマニアの4カ国が参加を決めた。

しかし大会そのものは、予想をはるかに上回る盛り上がりを見せた。
開幕ゲームこそ、集まった観客も500人足らずだったが、
地元ウルグアイの初戦には7万人もの観客がスタジアムに押し寄せた。
そして決勝戦のウルグアイvsアルゼンチン戦では、
10万8000人収容のセンテナリオ・スタジアムがほぼ満杯となった。
もちろん大半はウルグアイのファンで、彼らの圧倒的声援を受け、
地元ウルグアイが見事に初代チャンピオンに輝いた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun
スポンサーサイト

第11回 ワールドカップ アルゼンチン大会 1978年

第11回 ワールドカップ アルゼンチン大会 1978年

アルゼンチンは国内情勢に多くの問題を抱えながら、ワールドカップ開催を断行した。

これに対し、ヨーロッパ諸国からは大会をボイコットするべきではとの声もあがった。
その関係からはは不明だが、前回大会の二大ヒーローであるベッケンバウアーとクライフはこの大会には不出場だった。
そのため、開幕前はスーパースター不在の大会と言われた。

若き新星ミシェル・プラティニ擁するフランスは、1次リーグで姿を消した。
前回王者の西ドイツも2次リーグで敗退。優勝候補本命のブラジルは、3位決定戦にまわった。
決勝はクライフを欠いたオランダと地元アルゼンチン。大量の紙ふぶきが舞う中
地元アルゼンチンが優勝を決めた。またエース・ケンペスは得点王に輝いた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第15回 ワールドカップ アメリカ大会 1994年

第15回 ワールドカップ アメリカ大会 1994年

サッカー不毛の地、アメリカでの大会。猛暑の中での試合、移動距離の長さや時差といった事が、
選手のコンディションに影響を及ぼした。
ブラジルvsイタリアの決勝戦での消耗度は激しく、延長戦でも決着がつかず、
PK戦にもつれ込んだ。しかし、イタリアはバッジョが枠を外し、ブラジルに優勝をさらわれた。

今大会、活躍が目立ったのは東欧勢。ハジ擁するルーマニアはアルゼンチンを破ってベスト8、
ストイチコフ擁するブルガリアは前回優勝のドイツを破ってベスト4に進出した。
期待のアフリカ勢は、カメルーンはグループリーグで敗退、ナイジェリアはベスト16で姿を消した。


大会期間中には凄惨な事件も起きた。コロンビアのDFエスコバルが痛恨のオウンゴールを献上し、
アメリカに敗れてしまうという波乱が起きた。結局コロンビアはグループリーグで敗退し、
帰国後、エスコバルは何者かによって射殺された。

また、アルゼンチンのマラドーナのドーピング疑惑が発覚し、大騒ぎになった。
2試合目の後、ドーピング検査を受けたマラドーナから、分析の結果、禁止薬物のエフェドリンが検出され、出場停止。
マラドーナを失ったアルゼンチンは決勝トーナメント1回戦でルーマニアに敗れた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第9回 ワールドカップ メキシコ大会 1970年

第9回 ワールドカップ メキシコ大会 1970年

開催地メキシコは、盆地状の高原が国土の大半を占めている。
そのため各国は高地対策を入念に行って試合に挑んだ。
また、前回大会で目に余るラフプレーが横行したため、
この大会からイエローカードとレッドカードが採用され、
選手交代も認められた。

この大会、アステカの死闘と呼ばれた名勝負が生まれた。
準決勝のイタリアvs西ドイツ。前半8分に先制したイタリアは、
守備的になり西ドイツの攻撃をことごとく跳ね返した。
西ドイツが1点ビハインドのまま、試合はロスタイムに入った。
その時、西ドイツのシュネリンガーのゴールが決まる。
延長戦は壮絶な点の取り合いとなり、94分に西ドイツが勝ち越し、
その4分後にイタリアが追いつく。さらに104分にイタリアが逆転、
110分に西ドイツのゴールが決まって振り出しに。
さらにその1分後、イタリアに決勝点が入り、ようやく死闘に決着がついた。

こうしてイタリアは決勝に勝ち上がったが、息詰まる死闘を戦い抜いた戦士たちは疲労困憊し、
ブラジルの前に為す術もなく敗れた。
ブラジルは3度目の優勝に輝き、ジュール・リメ杯を永久保持した。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第12回 ワールドカップ スペイン大会 1982年

第12回 ワールドカップ スペイン大会 1982年

今大会から本大会出場枠を24に拡大。ワールドカップはより規模が大きくなった。

1次リーグではアフリカ勢の健闘が光った。カメルーン、アルジェリアが健闘した。
中でも2組のアルジェリアは、3戦目を終えた時点で2次リーグ進出の可能性があったが、
同組の西ドイツvsオーストリアは、試合前に密約が交わされていたとしか思えない退屈なゲームに終始、
結局この両チームがアルジェリアをけ落として2次リーグに進出した。
この件が契機となり、その後の大会では、同じグループの最終ゲームは同日同時刻に行われるようになった。

この大会で絶対的本命に挙げられていたブラジル。
ジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾという
黄金カルテットを擁するブラジルに、対抗できるようなチームは皆無と思われた。
しかし、ブラジルは、2次リーグのイタリア戦でロッシのハットトリックで敗退。
一方、ブラジルを沈めたイタリアはその後も波に乗り、ついには決勝で西ドイツを倒して、3度目の優勝を果した。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第4回 ワールドカップ ブラジル大会 1950年

第4回 ワールドカップ ブラジル大会 1950年

第二次大戦の為、12年ぶりの開催となったブラジル大会。
ブラジルはこの大会のために20万人収容の巨大スタジアム、マラカナンを新設した。

久々に開催されたワールドカップだったが、経済的・政治的理由から出場を辞退する国が相次ぎ、
本大会の出場国は13カ国にとどまった。
この大会、イングランドが初参加。満を持しての登場に、イングランド国民はもちろんのこと、
周囲も優勝候補の筆頭にイングランドの名を挙げていた。

しかしイングランドは、ワールドカップ史上最大の番狂わせを演じることとなる。
初戦を2-0で順当にチリを下したものの、続くアメリカ戦で0-1で敗れる。
明らかに格下のアメリカに敗れた事は、イングランド人にとっては信じがたいニュースとなった。
記者は伝達ミスと判断し、「10-1でイングランドが勝った」と報じた英国の新聞もあったほど。
この敗戦のショックか、イングランドは第3戦のスペインにも0-1で敗れ、1次リーグで敗退。

最終リーグに進出したのは、ブラジル、ウルグアイ、スウェーデン、スペイン。
「事実上の決勝戦」となった、ブラジルとウルグアイの一戦では、またしても大波乱が起こる。
大会を通して圧倒的な強さを見せつけていたブラジルが、土壇場でまさかの逆転負けを喫し、優勝を逃す。
それまで大歓声に包まれていスタンドは一瞬にして静まり返り、4人のブラジル人がショックで死亡した。
開催国ブラジルにとっては、悲劇的な幕切れとなってしまった。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第17回 ワールドカップ 韓国・日本大会 2002年

第17回 ワールドカップ 韓国・日本大会 2002年

初めてアジアでの開催、そして初めての共同開催となった。

当初「優勝候補」と目されていた強豪国が、次々と姿を消し、トルコ、韓国などが初の4強となった。
アルゼンチン、ポルトガル、そして前回優勝国のフランスに至っては、
3試合無得点のままグループリーグ敗退となった。

最終的には、ブラジルとドイツが決勝へ進み、ブラジルが5度目の優勝を果した。

開催国である日本は予選はシードを与えられ、初戦のベルギー戦を劇的に引き分け、
続くロシア戦で歴史的な大会初勝利を挙げ、第3戦のチュニジア戦にも快勝して
夢の決勝トーナメント進出を果たした。
迎えた、ベスト8でトルコに敗れた。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第16回 ワールドカップ フランス大会 1998年

第16回 ワールドカップ フランス大会 1998年

遂に悲願の初出場を果した日本だが、善戦したもののグループリーグで
アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカに3戦全敗を喫して夢の舞台から去った。

今大会の注目のスターは、地元フランスのジダン。
卓越した技術とセンス、20世紀最後の大会を飾るにふさわしいファンタジスタだった。
決勝のブラジル戦で2得点を挙げてフランスを勝利に導くと同時に、自身も大会MVPに輝いた。
地元フランスは、これ以上ない劇的なフィナーレを演出し、初の栄冠を手にした。

また注目のロナウドは、その才能を発揮する事無く決勝で敗れ去った。

ワールドカップ ドイツ大会 2006最新情報更新中!
懐かしいものサイトRetroFun

第8回 ワールドカップ イングランド大会 1966年

第8回 ワールドカップ イングランド大会 1966年

8回目にしてサッカーの母国イングランドでの開催となった。

開始早々、波乱が起きた。
強豪と呼ばれる2チーム「ブラジル」と「イタリア」が、グループリーグで姿を消した。
イタリアは北朝鮮という未知のチームに、まさかの敗北を喫し予選敗退。
これに激怒したファンは、帰国したチームに激しいブーイングと腐ったトマトを投げつけた。

史上初の3連覇を狙っていたブラジルは、ラフプレーと審判の不公平なジャッジの犠牲となった。
嫌気がさしたペレは「もうこの大会には出ない」と宣言して、イングランドから去った。

そして決勝はイングランドvs西ドイツ。
イングランドのジョフリー・ハーストの放ったシュートが問題となった。
審判はゴールを認めたが、それはゴールラインを割ったか割らないかという微妙なものだった。
“疑惑のゴール”として、大会史上もっとも物議をかもすゴールとなった。

懐かしいものサイトRetroFun

第6回 ワールドカップ スウェーデン大会 1958年

第6回 ワールドカップ スウェーデン大会 1958年

この大会の主役はブラジル、そして17歳でデビューを飾った若き天才ペレ。
魔法のボールタッチで、次々と奇跡のようなゴールを生み出し、見る者の度肝を抜いた。
準々決勝のウエールズ戦では、DFを背にしてボールを受け、浮き球でDFをかわし、反転してシュート。
ペレのワールドカップ初ゴールとなった。

続く準決勝のフランス戦ではハットトリックを達成。
極めつけは今でも語り継がれる決勝のスウェーデン戦でのゴール。
クロスボールをジャンプして胸でトラップ、浮き球で相手DFの頭上を破り、
落ち際をボレー。この美しいゴールに、観客は魅了された。

そして、ブラジルは初優勝、黄金時代の幕開けとなった。

またこの時ペレがつけていた「10」という背番号は、サッカー少年の憧れとなった。

懐かしいものサイトRetroFun

第13回 ワールドカップ メキシコ大会 1986年

第13回 ワールドカップ メキシコ大会 1986年

メキシコ大会は、天才マラドーナの大会だった。
1次リーグを1位突破すると、決勝トーナメントでもマラドーナの天才ぶりが発揮された。
特に準々決勝のイングランド戦では今でも語り継がれる「神の手」や
「5人抜き」などマラドーナのひとり舞台。
結局決勝でも天才マラドーナ率いるアルゼンチンが前回の雪辱に燃える西ドイツを一蹴し優勝した。

また、フランスとブラジルの準々決勝は歴史に残る名勝負と言われている。
激しい攻防の中からブラジルのカレカが先制、続いてフランスはプラティニのゴール追いつく。
ブラジルは後半からジーコを投入するが、そのジーコが得点チャンスのPKを外してしまう。
結局、延長でも決着がつかず、PK戦へもつれ込み、辛くもフランスが勝利した。

懐かしいものサイトRetroFun

第10回 ワールドカップ 西ドイツ大会 1974年

第10回 ワールドカップ 西ドイツ大会 1974年

2人の天才が現れた、皇帝ベッケンバウアーと空飛ぶオランダ人クライフである。
ベッケンバウアーは21歳で66年のイングランド大会に出場し、70年のワールドカップでも
中心人物として活躍。一方のヨハン・クライフは今大会が初出場であった。
しかし、クライフはクラブチームで71年からチャンピオンズカップ3連覇という
偉業を成し遂げていた。

決勝はもちろん西ドイツvsオランダ。人々の関心は両雄のどちらがワールドカップの
タイトルを手にするのか、その一点に集まった。
そして、激闘の末軍配はベッケンバウアーにあがったのであった。

懐かしいものサイトRetroFun

第14回 ワールドカップ イタリア大会 1990年

第14回 ワールドカップ イタリア大会 1990年

2度目となったイタリアでの開催。
前回優勝国マラドーナを擁するアルゼンチンが初出場カメルーンに
敗れるという波乱で幕を開けた。
そのカメルーンは2戦目のルーマニアにも勝利し、堂々グループリーグの
1位通過を決めた。
その後、準々決勝まで進み、イングランドに敗れた。
しかし。初出場ながら、その実力の高さを示し、次大会からのアフリカの
出場枠が増えた功績は大きかった。

決勝は西ドイツとアルゼンチン。前回大会と同じであったが、マテウス、
クリンスマン、フェラー、ブッフバルト、リトバルスキーといった最強の
メンバー擁する西ドイツが雪辱を果し優勝。
一方のアルゼンチンはケガをおしてプレーしてきたマラドーナが限界に達し、調子を取り戻せず敗れた。

開催国イタリアは、準決勝で破れ3位。彗星の如く現れたスキラッチは
6得点で得点王に輝いた。

しかし、この大会、1試合の平均得点は2.21点と史上最低の得点で最も退屈な大会といわれた。

懐かしいものサイトRetroFun

ALWAYS 三丁目の夕日

東京タワーが建設中の昭和33年を舞台に夕日町三丁目の人々のドラマを描く。

笑いと涙と人情に溢れ、世代を超えて楽しめる映画ですね。
昭和30年代を過ごした人には、たまらないでしょう。
役者たちも素晴らしく、感動を盛り上げてくれます。

そして、なんといっても昭和30年代を完全再現した映像が見所でしょう。
過去を再現するVFXの使い方が素晴らしいです。VFXはSF映画の専売特許じゃないんですね。
こんな使い方もあるという見本です。

懐かしいものサイトRetroFun

もうすぐ!ドイツワールドカップ

ワールドカップ開催まであと1週間に迫りました。
先日、ドイツと引き分けた日本の活躍に期待が高まりますが、
今大会の注目は、やはりロナウジーニョではないでしょうか?

魅せるサッカーでは、右に出るものはいないのでは。
そしてもう一人、ベッケンバウアーの再来、バラック。
彼のプレーも非常に魅力的です。
見てみたいですねぇ、ドイツvsブラジル。
順当に勝てば、準決勝で当たるかな?

懐かしいものサイトRetroFun

「ミッション:インポッシブル」と「スパイ大作戦」

「トム・クルーズが「のぞみ」貸し切り!」こんな記事をみた。
最新作「ミッション:インポッシブル3」の宣伝を行う為だそうです。

派手なアクションでトム・クルーズの人気シリーズとなった
「ミッション:インポッシブル」ですが、オリジナルはTVドラマの
「スパイ大作戦」。

ピーター・グレーブス扮するフェルプスをリーダーに変装やメカなど
それぞれの特殊能力を武器に悪と戦う。
能力を駆使していかに潜入するかが面白く、単なるアクション映画となってしまった、
トム・クルーズの映画にはこの面白味がかけている。

そういえば現在、放送中のドラマ「特命!刑事どん亀」も
「スパイ大作戦」を意識してますね。


懐かしいものサイトRetroFun

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。