RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

自転車は昭和30年代頃から普及し始めたとか。
えっ、自転車自体は明治からありましたよね?
まだまだ高かったってことですか。

30年代は仕事に使われる実用車が多く、
個人では少なかったのですね。

「三丁目の夕日」のコラムに自転車を買ったが
品不足でタイヤのゴムが無い。
なのでゴムホースを巻いて乗ってたとか。
その当時だったら、悪路ですよね。でゴムホースタイヤ...
想像しただけで、おしりがいたくなりそうです(笑)


懐かしいものサイトRetroFun
スポンサーサイト

市川×石坂 金田一復活!!

昨日の芸能ニュースでビックリ!!
市川崑監督が「犬神家の一族」を撮る!しかも金田一役には
30年前と同じ石坂浩二!

石坂=金田一ファンにはたまらないニュースですが
先ず心配なのは大丈夫なのか?ってこと。
市川監督はもう90歳になられるんですねぇ。
通常2ヶ月の撮影期間を倍かけて撮るとか。

やはり再現して欲しいのは、昭和初期の雰囲気ですね。
最近の金田一は妙に小ぎれいで雰囲気が物足りないので...。


懐かしいものサイトRetroFun

飛行機

今では当たり前のように、移動手段の一つとなっている飛行機。
昭和30年代には、まだまだ庶民の乗り物ではなかった。

「三丁目の夕日」で3丁目の山本さんが出張で飛行機に乗る話があった。
前の日は墜落しないか、不安で気が気でない様子や、
保険に入ったりとういエピソードが面白かった。
その後、山本さんは唯一飛行機に乗った事で皆の憧れの的に。
自身はすっかり飛行機ファンになったというオチ。

私も始めて乗ったときは、高い所が怖いこともあり
怖かった思いがある。一度乗ってしまえば何のことは無いけどね。


懐かしいものサイトRetroFun

「時効警察」に三億円事件を...

オダギリ・ジョー主演「時効警察」がおもしろい。
時効になった事件を趣味で解決する霧山修一朗。
時効になってるだけに解決しても何も出来ないのだが、
趣味で捜査して最後に「誰にも言いませんカード」を渡す。
しかし、これドラマの中では犯人に同情の余地があるので笑ってられるが
最近の凶悪事件のようなものだったら笑ってらんないよね。

時効になった大事件で直ぐに思いつくのが三億円事件。
よくドラマ化などもされましたが、これを是非解決して欲しいもんだ。


懐かしいものサイトRetroFun

肥後守(ひごのかみ)って・・・

またまた知らない物が出てきました!
“肥後守”なる刃物。
何でも昭和30年代の子供は、当たり前のように持ってたようですね。

えんぴつから遊ぶものまで、肥後守一本でやってしまう。
自分も器用な方だと思うが、うらやましい。
子供の頃からこんな事してると、そうとう器用になるでしょうね。



懐かしいものサイトRetroFun

駄菓子屋

最近デパートなんかにも駄菓子屋がありますが、昔の駄菓子屋って
雰囲気が全然違いますよね。

毎日、お小遣いもらったら駄菓子屋で5円や10円のお菓子を買ってましたね。
毎日入りびたりで、おじさんやおばさんと仲良かったり...、懐かしいな。
うちの近くの駄菓子屋は模型店と一緒になってて
ガンダムのプラモデルなんかも良く買ってました。


懐かしいものサイトRetroFun

懐かしの黒電話

...なんてタイトル付けましたが...実は実家ではまだ現役。
今は、FAX付きのコードレス電話を主に使ってるみたいですが、
実家の電話は4、5年前までダイヤル式の黒電話だけだった。

ダイヤル式の黒電話って、違うこと考えて番号廻してたりすると、
途中でわかんなくなるんですよね。しかも受話器が重い。

今じゃ電話は携帯ですもんね。


懐かしいものサイトRetroFun

川魚は冬眠するの?

川魚を金魚と一緒に飼っているんですが、
やっぱ川魚って冬眠するんですかね?

去年、川で捕まえた魚は、この冬でも水槽の中を
泳いでるんですが、えさを全く食べない。
たぶんムギツクって魚なんですが、まだ3cmくらいの大きさ。

真っ赤な金魚の中に細長い川魚が一匹。
なんだか、かわいくて長生きして欲しい。

思えば昔は、めだかなんか捕まえて飼ってたりしてましたが
あんまり世話しなくても、長生きしてたような...。
だんだん子供の頃の記憶があいまいになってるような...。



懐かしいものサイトRetroFun

赤チン、ヨーチン 「三丁目の夕日」より

「三丁目の夕日」に赤チン・ヨーチンという話がありました。
赤チン、今ではすっかり聞かなくなりましたね。
私も子供の頃はキズだらけで、
よく赤チンをひざ小僧につけてた思い出があります。

ヨーチンはしみると描いてありましたが、
私の記憶にヨーチンというものは聞いた事がない。
もう私の子供の頃には無かったのかなぁ。


懐かしいものサイトRetroFun

ムシキング カブトムシは男の子の憧れ!?

ムシキング流行ってますね。
ウチの子もカブトムシが大好きです。(クワガタは悪者らしい(笑))

私が子供の頃は、よく捕まえてました。
夏休みなんかは、田舎に行った時に土の中の幼虫を30匹くらい捕って
家で育てたこともありました。
初めてさなぎの姿を見たときのカンドーした事を今でも覚えてます。

今の子供って、デパートで見る事の方が多いですよね。
前に昆虫園に行って、世界のカブト・クワガタ虫展を見せた事がありましたが
やっぱ自然のカブトムシを見せてあげたいですね。


懐かしいものサイトRetroFun

子供の頃何して遊んだ?

子供の頃って何して遊んでました?
この前ふと、そんな話題に。

小学校の頃って、まだTVゲームなんてなかった。
よく外で遊んでましたよねー。
近くのお寺や公園でかくれんぼ、鬼ごっこなんかしてたし、
虫取りなんかもしてましたね。カブトムシやクワガタなんか
そこらにいましたからねー。
あと、ザリガニなんか捕まえたりしましたね。

今、ザリガニいるんでしょうか?
絶滅した...!?なんて事はないですよね...。

懐かしいものサイトRetroFun

手塚治虫の「西遊記」

手塚治虫の「西遊記」と言えば「ぼくの孫悟空」が有名ですよね?
「西遊記」で調べてたら、1960年に東映のアニメ映画があり、
監督に手塚治虫がかかわってた。これは、初めて知りました。

未見なのでよく分からないけど、絵のタッチは手塚治虫のものとは
程遠いですね。他の東映アニメ「白蛇伝」なんかと同じタッチですね。

手塚治虫は「孫悟空」がすきなんでしょうね。漫画のタイトルが
「ぼくは」ではなく「ぼくの」ってつけるくらいだから。

昔の東映アニメって、丁寧に作られてますよね。動きがなめらかというか。
これ観てみたいな~。


懐かしいものサイトRetroFun 

「三丁目の夕日」に見る昭和30年代

「オールウェイズ 三丁目の夕日」は未見ですが、
原作の漫画読んでます。
昭和30年代のエピソードが満載で、楽しいです。

読んでるのはコンビニに売ってる廉価版のようなコミックで
各巻に挿入されているコラムが面白い。
昭和30年代ってこんなんだったんだっていうのが良くわかります。

戦後、昭和30年代って始まりが多いから面白いんでしょうね。
テレビ放送や家電製品などなど...。
また、その当時の風景なんかも良く描かれています。
舗装されてない道路の事(雨が降ったらぐちゃぐちゃ)や
手動の水道など、今や見かけないものも多いですよね。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

横溝正史/金田一耕助 稲垣金田一はどうか?

先日、SMAP稲垣吾郎の金田一最新作「女王蜂」と
前作「八つ墓村」の再放送がありましたね。

稲垣金田一はイマイチと思ってるんですが、
その前の豊川悦司、上川隆也もいまひとつ。
私には石坂浩二の金田一が一番ベストなんで、
そう思うのですかねー。

なんだか、映像的にもセット・衣裳なんかも
小ぎれいな感じがして、昭和初期のイメージもないですね。
とはいっても、今じゃロケで雰囲気出すのは難しいのかな?

昭和30年代の映画館と今の映画館

最近、映画をめっきり観に行かなくなった。
住んでいる所に映画館がなく、車で30分以上かかるので行かなくなった。

自分の小さい頃は、1館あったが大きい映画館で上映が終わったものや
ロマンポルノ、夏休みや春休みには子供向けの映画を上映してるだけだった。

昔は地元にも沢山の映画館があったらしい。東映・東宝・松竹など9館あったとか。
TVもそんなに普及していない時代だし、映画は大衆の娯楽だった時代。
マンガなんかでは、地べたに新聞紙をひいて観る姿や、
子供たちでワイワイ、チャンバラ映画を観たり...そんな姿をみかける。すごく楽しそうな雰囲気だ。
今の映画館は綺麗だけど、隣の人や話し声に気を使ったり、全席指定席だったり...。
そんなこんなで大衆の娯楽だった時代の映画館の雰囲気を味わってみたい。

和田アキ子が本業で再評価

近頃、最近ヒット曲とはご無沙汰の和田アキ子が再評価されてるらしい。
サンボマスターが「あの鐘を鳴らすのはあなた」をカバーしたり、
アッコの歌をレゲエ風にリミックスしたアルバム「RAGGA AKIKO」が
発売されるなど、若者のリスペクトが多いらしいですね。

私は同名ドラマにクレージーケンバンドがカバーした
「タイガー&ドラゴン」が好きですね。
「オレの!オレの!オレのハナシをきけ~♪」っていいよね。やっぱ本家アッコさんの方が。

ノリやすいリズムの歌が多いから、カバーされるんでしょうね。

1960年公開 スパルタカス

スタンリー・キューブリック監督作「スパルタカス」が
980円で発売されてたので購入。

久しぶりに見ましたけど、やっぱり面白い。
でもこの作品、キューブリックは代役監督なので、
自身の作品とは思ってないらしい。

この作品はカーク・ダグラスが「ベン・ハー」の
主役に選ばれなかった腹いせに作った作品だそうで、
カーク・ダグラスの独壇場ですね。

しかし、剣闘士の対決シーンや、スペクタクルな群集シーンには
圧倒されっぱなしです。
あと、ローレンス・オリヴィエやピーター・ユスティノフ、
チャールズ・ロートンの重圧な演技がこの作品を高めていますね。

ちなみに、このDVD吹替え収録で2枚組で980円って安いよね。
吹替えも新録みたいだし...。(再発売される前も2980くらいだった記憶があります...。)

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

西遊記

香取慎吾が孫悟空を演じる「西遊記」が本日より放送!
三蔵法師は深津絵里、沙悟浄に内村光良、猪八戒は「電車男」伊藤淳史。

「西遊記」ドラマの決定版と言えば、誰が何と言おうと堺正章が孫悟空を演じた
昭和52年放送の「西遊記」ですよね。
昔は夏休みなんかに必ずといって良いほど再放送やってたのに、最近は全く見ませんね。
ゴダイゴの主題歌、壮大な中国ロケ、そして何と言ってもそれぞれのキャラクターが最高。
三蔵法師は夏目雅子、沙悟浄・岸辺シロー、猪八戒・西田敏行(2は左とん平)。

ちなみに平成の「西遊記」では、
孫悟空・本木雅弘、三蔵法師・宮沢りえ、沙悟浄・河原さぶ、猪八戒・嶋田久作の面々と
孫悟空・唐沢寿明、三蔵法師・牧瀬里穂、沙悟浄・小倉久寛、猪八戒・柄本明の
キャスティングがありました。

大河ドラマ 功名が辻

いよいよ、本日より放送開始です。
土佐24万石の大名に登り詰めた山内一豊。
その影には妻・千代の「内助の功」があった。

今では「内助の功」ってのも、廃れてしまったんじゃないかなぁ。
しかし、千代を演じるは仲間由紀恵。彼女には良妻な印象を感じます。
はまり役のような気がしますが、どうでしょうか?


男たちの大和/YAMATO

やっと「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞。

先ず、見終わった感想は...泣けた。ずーっと泣いてた。
特攻作戦命令の強引な所など、おかしな点もありますが、
全体的には、そんな事は気にならない程度の作品でした。

人物描写が秀逸で、あの時代、国民全員が国を守ると言う意識で
戦っていたんですね。沖縄特攻の地獄絵図は胸が痛くなる思いでした。

肝心の大和の描写ですが、正直物足りなかった。
6億円のセットを活かしてはいたけど、逆に俯瞰描写が少なく
戦闘シーンに奥行きがなかった。

結論、映画としては文句なし。大和の描写はちょっと不満でした。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

懐かしいエピソード満載!?「三丁目の夕日」

漫画「三丁目の夕日」を読んでいる。
そう、「オールウェイズ」として映画化された原作。

昭和30年代の日常をほのぼのしたタッチで綴っている。
私はその世代ではないのだけれど、何故か懐かしいと
感じてしまう。

特にテレビのエピソードが楽しい。
街頭テレビに群がる人の姿や、ダイヤル式のチャンネルテレビの話。
チャンネルの取り合いでテレビが壊れ、まだ普及してないから、
電器屋さん呼んでも修理が良くわからないなんてエピソードも。

なんだか、いいですね昭和30年代って。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

消えてゆく正月の風景

車で外出してふと気が付いた事。

パッと目に入った車のしめ縄。
そう言えば、車にしめ縄してる人って見かけなくなったなぁ。
前はもっとしめ縄してる車を見かけたように思うけど。

しめ縄は消えてゆく正月の風景なのかなぁ。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

元旦と言えば「かくし芸大会」ですか?

元旦恒例の一つと言えば、「かくし芸大会」がありますよね。
何年もずっと見てないですが、最近はどうなんでしょう?

昔の「かくし芸」は井上順の
映画パロディが大好きだったんですけどねぇ。
「インディ・ジョーンズ」とか「ピンクパンサー」の
パロディすごくおもしろかった。

また、やって欲しいな~。

堺正章はいまだにやってんですね。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。