RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい話

この前調べものしてたら1950年代に
「50銭以下を廃止」とかいうのを見つけた。
わずか50年前まで、銭を使ってたんだー!
ちょっとビックリしました。

今頃の学生さんは沢山お小遣いもってるよねー。
ボクが小さい頃は、まだ5円とかのお菓子なんかも沢山あった。
お小遣いなんて50円、100円もらってよく駄菓子屋へ行ってたよなー。

遊ぶのはもちろん公園。走り回って遊んでた。
近頃の子供はみんなTVゲームなんでしょうかね?
ボクは子供と一緒に公園行って遊ぶのが楽しいな。
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

第1回紅白歌合戦

年末恒例の紅白歌合戦。

第1回が放送されたのは、1951(昭和26)年 の1月3日だそうです。
TV放送が始まったのは1953年。そう第1回の紅白はラジオ番組だったそうです。

1時間番組で放送当日まで番組出演歌手や
その趣旨などは一切あかされずに放送を開始したそうです。
出演者は以下の14組。うーん、全然知らない...。

優勝したのは白組でそうです。

白組
鶴田六郎(港の恋唄) 、林伊佐緒(銀座夜曲) 、近江俊郎(湯の町エレジー)
鈴木正夫(常盤炭坑節) 、楠木繁夫(紅燃ゆる地平線) 、東海林太郎(赤城かりがね)
藤山一郎(長崎の鐘)
赤組
菅原都々子(憧れの住む町) 、暁テル子(リオのポポ売り) 、菊池章子(母紅梅の唄)
赤坂小梅(三池炭坑節) 、松島詩子(上海の花売娘) 、二葉あき子(星のためいき)
渡辺はま子(桑港のチャイナタウン )

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

大河ドラマ見てます?

大河ドラマ「義経」総集編も終わりましたね。
「新選組!」「義経」と2年連続、全話制覇!
来年の「功名が辻」も全話制覇だ!

さて、この前「義経スペシャル座談会」で、
滝沢くんは44人の主役のうちの1人だって言ってた。
(とは言っても2回やってる人いるけど。)
私は44人のうちの1人と言うよりも、
44回も続いてるんだ...と思った。

昔のドラマって、1クールが1年だったけど、
今では大河ドラマだけだもんね。1年やってるのは。

来年は「新選組!」の続編とも言うべき「土方歳三最後の一日」は
大河ドラマ史上、初の試み。楽しみ!

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

「ペヤングソースやきそば」って知ってる?

この前、女房と「ペヤング」の話になり、「ペヤング」なんて
女房は知らないと。「ペヤングソースやきそば」ってあったよな?
そういえば、最近見かけない。

調べてみると75年に発売され、関東方面は今でも現役だそうな。
じゃ、関西では無いのか?私の記憶違い?

まだまだ調べてみると、あった!20年くらい前は関西でも売られ、
CMもやってたそうな。でも売れなかったらしい。
関東と関西の味の違いだろうね。
ソースやきそばと言えば関東ではペヤング、関西は一平ちゃんなんだって。

しかし、20年前か...。食べたことあるのか?CMで見たことあるだけなのか?
記憶があいまいだなぁ。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

2005年を振り返る

2005年も、あと少し。
今年もいろいろありましたね。

時事ニュースで挙げられた10大ニュース、
JRの脱線事故、自民党の圧勝、愛知万博などなど。
この中で印象に残るのは「女児殺害事件」と
「選挙のホリエモンフィーバー」ですね。
どちらも地元というのが、やはり印象に残ってます。

女児殺害については、これが連続して起こったことにも
世の中の異常を感じた。


個人的な2005年のニュースは・・・
戦艦大和の実物大ロケセットの製作と公開!これに尽きる!
日本映画史上にも類を見ないこのセットを、1/1大和を
見れた事に感激。映画ファン・大和ファンにはたまりませんでした!

1980年公開 「戦国自衛隊」

戦国自衛隊
半村良原作の「戦国自衛隊」はタイトル通り、
戦国時代にタイムスリップした自衛隊のお話。

おもしろいのは、戦国の野蛮な時代と昭和の平和な時代のギャップ。
しかし、そこにいると染まっていくんですね。
最後には野心が芽生えてくる。
彼ら自衛官が織田信長だったのか・・・。

先ごろ発売された「戦国自衛隊1549」。
これは、半村良の原作の福井春敏が再構築。全くの別物になってしまった。
オリジナルが暗に信長を示唆していたものが、
あからさまに自衛官の1人が織田信長になる。しかもパソコンを駆使する・・・。
時代の違いだねぇ。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

傑作か駄作か?1968年公開「2001年宇宙の旅」

スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」は傑作か?駄作か?
そんな論議が公開当時から今でもある。

傑作か?駄作か?正直、自分は内容がよく理解できないが好きである。
劇中に音楽など無く、見てると眠たくなるのだけど、
最初のインパクトはすごい!「ツァラトゥストラはかく語りき」と
原始人の映像のインパクトがものすごい!

DVDも何度も買いなおしたりして、何度も見てるけど
内容はよくわからない。理解してるのかどうかも分からないw
見た人の解釈でよいのだろうか。

みなさんは、理解してみてるのかなぁ。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1953年公開 戦艦大和

大和

またまた「大和」ものですが...。

この「戦艦大和」は沖縄特攻の「天一号作戦」を人間ドラマを交えて描いている。

見所はなんといっても大和。
実物大のオープンセットとミニチュアは迫力あり。
この作品が製作されたのは、1953年、戦後8年ですよ、8年。
すごいですよ、当時にこれだけの物を作ったのは。
当時は生存者の方も多くいたんでしょうね。

ちなみにこの作品、同じ原作で1990年にTVドラマ化されてます。
未見ですが、戦後8年と45年の時代の移り変わりで、考え方もちがうのでしょう、
エピソードの描き方に違いがあるそうです。

90年版の「戦艦大和」を見てみたいけど、ソフト媒体では無いようですねぇ。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

日本でもキングコング!?

「キングコング」が、かなり好評みたい。
3時間強あるにもかかわらず、見る批評軒並みいいなぁ。

以前、33年版、77年版の「キングコング」の事を書いたけど
実は日本にも「キングコング」が・・・。

ゴジラ・シリーズ3作目「ゴジラ対キングコング」がそれ!
文字通り、ゴジラとキングコングの対決が見所の
ゴジラ・シリーズの中でも大傑作!

実はこれ、円谷英二が33年版に影響を受けて、ゴジラに
登場させたんだよ。すごいな33年版の「キングコング」は。

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

戦艦大和の悲劇

遂に公開された「男たちの大和」。
とりあえず、大ヒットみたい。評価の方もいいみたいで...。

大和は「世界三大無用の長物」とか言われたりしますが、
(あとの2つはピラミッドと万里の長城)
そんな事は無いと思う。

最大のミスはそれを活かしきれなかった事ではないのか?
「これなら勝てるかも知れない」と思った山本五十六が
戦死して以降、まったく活躍してない。
むしろ傷つくのがイヤで重要な戦局を傍観してるだけだった。

投入されるべく所で、活動していたら戦局は...。
最後の無謀な沖縄特攻にも繋がらなかったのではないだろうか?

懐かしい話題が盛りだくさん!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1974年放送 寺内貫太郎一家

遂にDVDで発売される「寺内貫太郎一家」。
いつか出るだろーっと、首をなが~くしてお待ちしておりましたw

小林亜星演じる親父と西条秀樹演じる息子。何かあるとすぐにちゃぶ台ひっくり返して喧嘩。
あの頃いたよね~、そういうカミナリ親父。懐かしいね~。

樹木希林演じる、キンばあちゃんは傑作!「ジュ~リ~」が見たい!

懐かしい話題が盛りだくさん!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1966年 ビートルズ来日

1966年6月29日、ビートルズが初来日。
当時の熱狂振りはすごかった。

来日前も伝統ある武道館の使用でお堅いものたちと
熱狂的なビートルズファンの間でもひと悶着あったけど
無事公演は開催。

ちなみにビートルズが来日した時間はのべ103時間。
その時間の中で動員された、警官は8370人。
また補導された青少年は6520人だとか。

今では、こんな大スターの存在は無いよなぁ。

懐かしい話題が盛りだくさん!
RetroFun

1962年公開 忠臣蔵 花の巻・雪の巻

今日12月14日は何の日?そう忠臣蔵の討ち入りの日!
忠臣蔵と言えば忠義の大石内蔵助以下四十七士が、
亡き主君・浅野内匠頭の敵討ちの為に吉良上野介を討つ!
という、日本人好みの勧善懲悪もの。

1962年に公開された映画「忠臣蔵 花の巻 雪の巻」は
当時の東宝オールスター総出演!三船敏郎、三橋達也、加山雄三...
挙げたらきりが無い...。

この作品は、有名な松の廊下の刃傷の背景を変えつつ、
史実・通説を盛り込んだ脚本、ダイナミックな殺陣、
手持ちカメラの臨場感など、見ごたえ抜群!

忠臣蔵映画の決定版はこの作品をおいて、他には無い!!

懐かしい話題が盛りだくさん!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1980年 グロリア

先日放送された踊る大捜査線・番外編「逃亡者・木島丈一郎」。
「交渉人・真下正義」の番外編だけど、
映画同様、様々な映画ネタが散りばめられてた。
爆弾処理班が話す「ブラックサンデー」「ジャガーノート」など...

中でも、プロット自体が「グロリア」で懐かしかった。

事件を目撃した少年を、中年女グロリアが守りながら組織から
逃亡する...。プロットが全く同じ。
「逃亡者」も面白かったけど、元ネタが非常に面白いので
設定を変えても面白いんだな。

逃亡劇の果てのラストは涙、涙...涙なしには見られない...。

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1963年 JFK暗殺 犯人はCIAか?

1963年11月22日、JFK暗殺。
日本でもテレビ中継されて、相当衝撃だった。
オズワルドが犯人として逮捕されたけど、連行中に射殺され死亡。
本当の犯人は誰なのか?

もちろん、組織的な犯罪の匂いはぷんぷんする。
オズワルド一人の犯行なんて考えられない。
映画「JFK」「13デイズ」なんかを見ると
ケネディの政策は、CIAにうらまれる事が多い。
CIAの陰謀説が有力と思うが・・・。

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

1976年 キングコング

もうすぐ公開の映画「キングコング」の予告はすごい迫力!
オリジナルは1933年の「キングコング」。今回のリメイクは2度目。

76年にもう一つ「キングコング」があったんだよね。
正直、コングのデザインはこの76年版が一番モンスターっぽくって好き!
(33年版と今回のは、ホントゴリラがでっかくなっただけみたい。)

このキングコングを始めて見た時は、相当怖かった思い出がある。
(今見ると何が?って感じですけど・・・w)

ちなみにニューヨークで暴れるコングが最後に上るビルは33年版と最新作は
エンパイアステートビルですが、76年版は世界貿易センタービルなんでよね。
そう、同時多発テロの...。

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1965年 007フィーバー

以前、英対外情報部(MI6)が、インターネットで部員募集と言うニュースがあった。

MI6と言えば、そう007=ジェームズ・ボンド!
スパイなのに、こんなに堂々と募集するんだ...w。

007が人気出始めたのは、「ゴールドフィンガー」当たりだよな...。
ショーン・コネリーはあまりの人気過熱ぶりで自由がきかないのと
イメージの固定が嫌で、6作で降板。
今、見てもやっぱショーン・コネリー=ボンドだよね。

あとボンド演じてる頃から、カツラだって話は有名。

ちなみに、1、2作目の公開時のタイトル「殺しの番号」「危機一発」は
当時、水野晴郎氏が付けたっての知ってた?


こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1977年 「サタデー・ナイト・フィーバー」とディスコブーム

ジョン・トラボルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」。
カッコイイなー。オープニングの街を闊歩するシーンが大好き!
トラボルタのダンスにしびれた!!決めポーズも皆やってたねー。

また、サントラが最高だった!
当時はビージーズやABBAなんかも流行ったよねー。
ディスコが次々オープンして、夜遊びはディスコでフィーバー!
なんつって死語?w

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

1981年公開 戦艦大和の悲劇 「連合艦隊」

「男たちの大和」がもうすぐ公開ですね。
実物大セットなど話題になっています。私も行ってきましたw
実物大はさすがに迫力ありますよ!

戦艦大和といえば、海軍の時代錯誤の巨砲主義に踊らされ、最後には3000人を乗せ、
無謀な沖縄特攻で沈没という悲劇の戦艦ですね。
「男たちの大和」もどう描くのか非常に楽しみです。

さて、今から25年程前に「連合艦隊」と言う映画がありました。
日独伊の三国同盟から、戦艦大和の撃沈までを描いた大作です。
史実に忠実に描き、悲劇に向かっていく様を連合艦隊を通して描いています。
小さなエピソードなども盛り込まれ、
特攻に向かう少年パイロットと整備士のエピソードなど泣けます。

また東宝が製作しており、ゴジラで磨き上げた特撮が迫力満点です。
真珠湾攻撃、レイテ沖海戦など迫力あります。
連合艦隊

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1969年 アポロ11号は本当に月へ行ったのか?

1969年、アポロ11号は人類の歴史に偉大な記録を残した。
当時は、テレビ・新聞などアポロ11号の話題ばかりで、みんなかじりついて見ていたと思います。

ところで、以前、アポロ11号は本当に月に行ったのか?と言うような番組がありましたよね?
全てNASAが仕組んだトリックで、その気になれば画像処理で捏造できる、
映像に矛盾があるなどとしていました。ま、これは最近の話ですが....。

実は1977年に「カプリコン・1」という映画がありました。
その映画で描かれているのが、初の有人火星探査船がNASAのでっち上げだったと言う内容。
まさに“それ”です。

この映画を始めて見た時に、アポロもそうだったんじゃないか・・・と思ったものです。

実際、どうなんでしょう...?少なくとも77年当時にそう思っていた人はいたと言うことですが。
私は陰謀もあるのではないかと信じた事もありますw

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1954年公開 七人の侍

菊千代、勘兵衛、七郎次、勝四郎、平八、久蔵、五郎兵衛
この名前を聞いてピンときた人!そうです「七人の侍」。

いやー、何度見てもおもしろい!
これぞ、アクション映画の醍醐味ですよ。
ラストの雨中のアクションもスゴイが、一番の魅力はキャラクターですよね。
みんな、それぞれ思い入れがあると思いますが、私はやはり、菊千代ですね。
ベタですがw
やっぱり世界のミフネと言われるだけありますね。素晴しいですよ。
あと人気あるのは久蔵ですかね。あのクールさはカッコイイですよ。

しかし日本映画界はこんな世界に誇れる映画があるのに、今の現状は・・・。
七人の侍
七人の侍

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1979年放送 探偵物語

いわずと知れた「探偵物語」。
これ好きな人多いですよね。私もその一人。DVDも買っちゃいましたよw

故松田優作のドラマの代表作、松田優作の為に作られたドラマ
と言っても過言では無い!
キャラクター、ファッション、主題歌etcどれも大好き!!

特に一番好きなのは、松田優作と成田三樹夫との掛け合い!
アドリブなんかたまんないですね。

ドラマ自体の、なんかだらけた雰囲気なんかも魅力(?)ですよね。
(でも特に後半はヤル気あんのか、ないのか わかんないくらい
 だらけてるw)
探偵物語

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

1976年公開 グレートハンティング

みなさん「グレートハンティング」って映画知ってますか?
たぶん、知らない人が多いでしょうね。

76年(昭和51年)公開時に大ヒット(その年の2位!)した
イタリア製キワモノ残酷ドキュメンタリーなんですが、
人がライオンに襲われるシーンが話題騒然となり、ヒットしただけ。
今見ると、なんでこんな物が...って感じでした。
懐かしいと思った人はDVDが発売されてます。

その後、「人喰族」や「スナッフ」なんてのもありましたね。


こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。