RetroFun

懐かしのTVドラマ・音楽・映画を当時の世相と共にご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1970年 三島由紀夫割腹自殺

「春の雪」の映画化などで、最近話題の、三島由紀夫。
(この前、スマステでも特集やってましたね。)

この事件は昭和45年11月25日、民兵組織による国土防衛を思想を元に
自衛隊乗っ取りを企てた三島氏が総監を人質に篭城。バルコニーで
自衛隊決起の演説をしたけど、自衛隊員が全く乗ってこず、
また演説中に野次を飛ばされた事に失望し、腹切りに至ったとか。

昭和45年当時に割腹自殺というのも、驚きですが、
作家の三島氏に国土防衛思想や、これを実現しようとする行動に驚きですね。
しかも調べれば調べるほどに驚きなことが出てきます。
(幼少時代は病弱で過保護に育てられ、女言葉を使っていたとか。)


こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

スポンサーサイト

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

ジョン・レノン射殺事件 1980年

1980年12月8日午後10時50分、ジョン・レノンは自宅アパートの入口で声を掛けられ、振り返ったその瞬間、マーク・チャップマンに38口径の弾丸を4発も撃ち込まれた。 すぐに病院へ運ばれたが、約30分後の午後11時15分、死亡。

犯人のマーク・チャップマンはジョン・レノンを恨んでいたわけではなく、彼のファンだった。

そして、ジョン・レノン没後25年にあたる今年、レノンを射殺した犯人の心理を追った映画が製作されるそうです。

映画のタイトルは「チャプター27」。関係者によると、同タイトルは、チャップマンが感化されたという小説「ライ麦畑でつかまえて」が全26章だったことに由来しているそうです。

ちなみにマーク・チャップマン受刑者は現場で逮捕され、終身刑判決を受けて現在も服役中。

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

あぶない刑事 1986年放送

いまだ映画化が続いている「あぶでか」。
館ひろし演じるタカと、柴田恭兵演じるユージ。かっこよくて憧れたものです。
(実際、はまったのは続編の「もっとあぶない刑事」ですが・・・毎週ビデオ録ってたな・・・。)

だいたい、日本でこんな毎週銃をぶっぱなすような凶悪事件あるかよ!と思わせずにいるのは、やっぱストーリーのおもしろさ、二人のアドリブのやり取りの楽しさなんでしょうね。あと、ヨコハマが舞台ってのもポイントですよね。無国籍な雰囲気があるというか...。
あぶない刑事1
あぶない刑事2

こちらにも紹介してあります。当時の世相なども紹介しています!
RetroFun

テーマ:テレビ番組 - ジャンル:サブカル

サイコ 1960年公開

サイコ
会社の金を横領した女が立ち寄ったベイツ・モーテル。そこには管理人の青年ノーマンと離れの一軒屋に住む年老いた“母”がいた...。

今見ても、その演出は色あせず、恐怖を煽ります。昔見た時、すごくおもしろかったのに今見ると、つまんない、物足りないような作品が勝つ多くありますが、ヒッチ作品に至っては、今見てもかなりの衝撃ですね。(何度も見てるのに...。)
98年にリメイクされたサイコを見て判るとおり、手の加えようの無い傑作サスペンスです。(あのリメイクは何だったのか...?)

60年当時はすでにカラー作品が多かったにもかかわらず、そのショッキングさから、あえてモノクロで撮った話や、あまりにも衝撃的な結末ゆえ入場制限など話題が多かったらしいです。

詳しくは↓へ。当時の世相など紹介しています!
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

ロッキード事件


昭和51年2月5日(現地時間4日)、米国上院の小委員会でロッキード社が
日本などの有力者に航空機の売り込みをめぐって多額の資金をばらまいたことが暴露された。
その後同社のコーチャン副会長らの証言で、右翼の大立者・児玉誉士夫を
代理人にして政府高官に賄賂を贈ったことや、小佐野賢次国際興業社主も
関与していたことなどが明らかにされた。
24日、東京地検、警視庁、東京国税庁が強制捜査に踏み切り、
判明した工作資金は約37億円という戦後最大の汚職事件となり、計16人が起訴された。
ロッキード事件
関連書籍⇒壁を破って進め〈上〉―私記ロッキード事件 著:堀田 力
壁を破って進め〈下〉―私記ロッキード事件 著:堀田 力

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

フラッシュダンス 1983年公開

1983年・アメリカ製作/95分/日本公開:1983年7月
◆監督
エイドリアン・ライン
◆キャスト
ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、サニー・ジョンソン
フラッシュダンス
フラッシュダンス
ダンサーになる夢を追う女性の姿を描いた青春映画。昼は製鉄所、夜はナイトクラブのフロアダンサーとして働くアレックスは、日々プロのダンサーになることを夢みて暮らしていた。そして恋人との確執、友人の死などを通して、いよいよオーディションの日が迫ってきた。

サクセス・ストーリーというのは、えてして全くありがちな話になってしまうといういい例。ストーリーにも全く目新しさがなく、ダンスのシーンもそれ程のものでもない凡作。公開当時は、サントラが大ヒットした。

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

毎度おさわがせします

TBS系 1985年放送

出演:小野寺昭、篠ひろ子、板東英二、中山美穂、木村一八、堀江しのぶ、夏木マリ、高橋一也、佐藤B作、児島美ゆき、高田純次、八神康子、会沢朋子、クラッシュ・ギャルズ、玉木潤、江端 郁世、C・C・B、藤波辰己、白川和子、信実一徳
毎度おさわがせします
毎度おさわがせします DVD-BOX
◆コメント◆
このドラマは、平均視聴率19.4%、最終回には26.2%という最高視聴率を記録し、後にシリーズ3まで放送された。今作がドラマデビューの中山美穂はシリーズ2まで出演しているが軒並み高視聴率を樹立。後に歌手デビューし、アイドルそして女優として不動の地位を確立した。

ドラマのストーリーとしては“性”への興味津々な年頃の中学3人組が繰り広げるちょっとエッチな騒動に頭を抱える大人たちとのやり取りをコミカルに描く“明るい性教育ドラマ”。テーマもセリフも過激だが、なにより中山美穂のかわいいリッパリ役がたまらない。

C.C.Bの主題歌「ROMANTICが止まらない 」も大ヒット。

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

時計じかけのオレンジ 1972年公開

1971年・イギリス製作/137分/日本公開:1972年4月
◆監督
スタンリー・キューブリック
◆キャスト
マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、エイドリアン・コリ
時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジ
鬼才スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SF。
「雨に唄えば」のメロディに乗せて繰り広げられるレイプ・シーン、
荘厳なバロックやクラッシックをカバーした電子音楽、広々としたレコード店の独特のセットなど、
映画全編にシニカルな演出が満ち、なおかつブラックなテーマをポップに昇華させるという、
キューブリック監督の手腕が冴え渡る。「2001年宇宙の旅」と並んで、
SF映画という枠におさまらない突出した輝きを持っている作品だ。

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

探偵物語 1979年放送

日本テレビ系 1979年放送
出演:松田優作、成田三樹夫、倍賞美津子、山西道広
探偵物語
探偵物語 DVD-BOX
◆コメント◆
松田優作のテレビドラマにおける代表作。
演ずる探偵・工藤俊作が、毎回以来を受けてさまざまな事件に関わっていく。殺人などの結構シリアスな事件を扱っているにもかかわらず、本作は全編優作のアドリブが全開するかなり喜劇的な作品に仕上がっている。また、服部刑事役の成田三樹夫はもちろん、ゲスト俳優が競うように優作のアドリブに応えた演技合戦を繰り広げ、しかもそれが作品世界を壊すどころか本作の持ち味そのものとなっており実に楽しい。

監督も「遊戯」シリーズで優作と息のあった村川透を筆頭に澤田幸弘や長谷部安春ら実力派が担当。どこをとっても優作の魅力あふれる傑作となっている。

本人ものりのりで村川透監督ら映画畑のスタッフとハードボイルドだけでなくコミカルな面をみせる新しいスタイルを構築。まさに松田優作による松田優作のためのテレビドラマ 。この番組で共演した熊谷美由紀と、これをきっかけとして結婚することとなる。

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

テーマ:懐かしのテレビ番組 - ジャンル:サブカル

われら青春 1974年放送

日本テレビ 1974年放送
出演:中村雅俊、島田陽子、穂積隆信、柳生博、有島一郎、
保積ぺぺ、青木英美、日色ともゑ、菅井きん、草薙幸二郎、名古屋章
われら青春
われら青春!DVD-BOX
◆コメント◆
中村雅俊のデビュー作であり、「飛び出せ!青春」の続編的位置付けの作品。
先のタイトルと同じ太陽学園を舞台とし、主要キャストに穂積隆信の江川教頭や柳生博の塚本先生、有島一郎の杉田校長が登場。
さらに、村野武範も河野武としてゲスト出演、シリーズを通して見てきたファンには嬉しいサービスが随所に用意されていた。

当時、中村は23歳。教師を演じるには若すぎたが、この作品で視聴者のハートを確実につかみ、
青春=中村という図式は森田健作のそれとならび今も消えるものではない。
あの時代、「涙は心の汗だ」と本当に泣きながら言っていた若者がいた。

テーマ:懐かしのテレビ番組 - ジャンル:サブカル

気になる嫁さん 1971年放送

日本テレビ 1971年放送
榊原るみ、石立鉄男、冨士真奈美、杉葉子、山田吾一、
佐野周二、浦辺粂子、山本紀彦、水野久美
気になる嫁さん
気になる嫁さん DVD-BOX1
気になる嫁さん DVD-BOX2
◆コメント◆
70年代に一世を風靡した“石立ホームコメディ”の
「おひかえあそばせ」に続いて製作された作品。
風変わりな個性を発揮し合い生活する清水家を舞台に、
恋愛、家族愛、絆をテーマに描く。

懐かしいドラマ・音楽・映画・出来事のデータベース
RetroFun

1973年 燃えよドラゴン

監督:ロバート・クローズ
出演:ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、シー・キエン

香港の裏社会で繰り広げられる武術トーナメント。
麻薬製造密売の内情を探る任務と、自らの復讐のためにトーナメントに出場する青年リー。
そして、壮絶なる武術トーナメント大会が幕を開ける。
燃えよドラゴン
燃えよドラゴン ディレクターズカット スペシャル・エディション

当時、カンフーブームに湧き上がり、ブルース・リーの映画が続々公開された。
しかし、ブルース・リー1973年7月20日に謎の死を遂げる。
(本作が日本公開された時点でリー本人は他界していた。)
また、今ではよく知られているヌンチャクを紹介したのもブルース・リーである。
(ヌンチャクの発祥は沖縄。)

テーマ:レトロな思い出 - ジャンル:サブカル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。